Blog

昨日に引き続き、

今朝もあの樹洞に行ってみました。

昨日と違って、辺りは静まり返っていました。
一時間近く待っても気配がないので、もう帰ろうかと思ったその時、
カラ類のにぎやかな声が近づいてきました。

洞に一番にやって来たのは、ゴジュウカラ。

洞のゴジュウカラ01

素早い動きで突入したかと思うと、あっという間にいなくなりました。

洞のゴジュウカラ02

続いてコガラ。
やっぱり嘴のところが黒く光っています。

洞のコガラ01

そしてヤマガラ。
間髪入れずに、入れ替わり立ち代わりやってきます。

洞のヤマガラ01

みんな必ず、頭を突っ込んでいきます。

洞のヤマガラ02

もう一度、コガラ。

洞のコガラ03

コガラが頭を突っ込んでいる最中に、
シジュウカラが待ちきれずにやってきました。

洞のシジュウカラ01

追われるようにして出て行くコゲラ。

洞のシジュウカラ02

ご満悦そうなお顔のシジュウカラ。

洞のシジュウカラ03

その後また辺りは静まり返りました。
わずか2分の間の出来事でした。

魅惑の洞

去年のこの時期に、
カラ類が熱心に物色していた洞。

今朝、そこにコガラの姿がありました!

魅惑の洞のコガラ01

おそらく貯食ではなくて
溜まっている樹液を採りに来ているのではないか、
というのが今のところの推測です。

魅惑の洞のコガラ02

何となく覗いてはいけないような気がして
中は確かめていませんが、
何にせよいつもは見られない様な
可愛いポーズをとってくれるのが嬉しいです。

魅惑の洞のコガラ03

去る直前、縁でもきれいなポーズをとってくれました。

魅惑の洞のコガラ04

コガラが去ると、間髪入れずにシジュウカラがやって来ました。

魅惑の洞のシジュウカラ01

彼らにとって魅惑的なこの洞は、
彼らの仕草や表情を観察したい私にも魅惑の洞です。

魅惑の洞のシジュウカラ02

頭をつっこみました。

魅惑の洞のシジュウカラ03

去年一番の常連だったヤマガラは、やって来ませんでした。
理由は簡単です。

遅めのイチイに夢中のヤマガラ01

すぐ近くの電線にとまって、
遅くに熟したイチイに夢中のご様子。

遅めのイチイに夢中のヤマガラ02

明日も観察に行ければと思います。