ゴジュウカラ

その後の洞

洞のところに行ってみると、
先週と同じようにまたひょっこりと
ゴジュウカラが顔を出しました。

また洞に頭を突っ込むゴジュウカラ01

退散するのかな?と思いきや、、、

また洞に頭を突っ込むゴジュウカラ02

頭を突っ込みました!

また洞に頭を突っ込むゴジュウカラ03

その後すぐに、穴の中から外をチラリ。

また洞に頭を突っ込むゴジュウカラ04

そしてもう一度、突っ込みました!

また洞に頭を突っ込むゴジュウカラ05

突っ込んだかと思うとすぐに起き上がって、
中からまたチラリ。

また洞に頭を突っ込むゴジュウカラ06

何度も何度もこの動作を繰り返す姿を見ているうちに、
確信しました。

ゴジュウカラは、やはりヤマガラが貯食した
食べ物を盗りににきているのです。

この洞は、今年の秋ずっとヤマガラがイチイの実を採っていた場所のすぐ近く
数メートルのところにあります。
2か月に渡ってせっせと採りためたイチイが、この洞の中にあるのだと思います。

イチイの軸のところは黒くて小さいので
こちらをチラリと見る時のゴジュウカラの口元には何もない様に見えますが、
食べてはチラ見、食べてはチラ見、が今まさに行われているのでした。

7、8回は同じ動作を繰り返した後、
木の幹を登って退散しました。

その直後に、ヤマガラがやって来ました。
ヤマガラに見つかったので、急に退散したのだと思います。

ゴジュウカラを追い払ったヤマガラ

洞の中に

いつもの散策路を歩いていると、
木の根元のところに出来た洞の中から
ゴジュウカラが顔を出しました。

洞から顔を出したゴジュウカラ01

もう一度中に入った後、また顔を出して、
そのまま幹を駆け登って行ってしまいました。

洞から顔を出したゴジュウカラ02

その直ぐ後に、ヤマガラがやって来ました。

洞を確認するヤマガラ01

やっぱり、洞の中が気になる様です。

洞から顔を出したゴジュウカラ02

頭を突っ込んで、中を確認。

洞から顔を出したゴジュウカラ03

その後も辺りをキョロキョロと見回して、
周りの様子を気にしているようでした。

洞から顔を出したゴジュウカラ04

洞から顔を出したゴジュウカラ05

『ヤマガラの貯食場所にゴジュウカラがやって来て、
貯め込んでいた食料を採られてしまったのかな?』と思ったのですが、
ゴジュウカラは洞から出てきた直後に何もくわえていなかったので、何とも言えません。

これからの季節、貯食するのにも、また寒さをしのぐのにも
何かと便利そうな洞。
みんな足繁くこの場所にやって来て、
自分が使う場所にしようとねらっているのでしょうか?