キジ

新しい季節

おとといの雪にはびっくりしましたが、
今日は春らしい日になりました。

うちの庭にも、水仙が咲きました!

水仙

シジュウカラ夫婦が、
朝から忙しそうに巣箱を出入りしています。

巣箱に出入りするシジュウカラ

巣材を運び入れている姿も。

巣材を運ぶシジュウカラ

時々エサ台にやってきて、スタミナ補給。

エサ台で一服のシジュウカラ

なぜか、エサ台の下の幹のところに興味津々のスズメさん達。
虫でもいるのでしょうか?

幹に興味深々のスズメ01

幹に興味深々のスズメ02

縄張り警護のキジ君は、
いつもの位置で『アッ!アッ!』と鳴いていました。

縄張り警護のキジ

明るい春の日差しのなか
鳥達がせっせと春の準備する姿に、
ふつふつと、創作意欲が駆り立てられました。

昨日のキジさん

昨日も、キジさんがやって来ました。

キジの縄張り主張01

定位置の岩の上に立って『アッ、アッ!』と叫んで、
そのあと羽を『バサバサッ!』。

キジの縄張り主張02

この動作は『ホロ打ち』というそうで、
まさに縄張り主張の動作なのですね。

これから始まる繁殖にむけて、
必死なのだと思います。

途中で何度も、毛づくろいをしていました。

キジの毛づくろい

5月、6月位になるといつも雌が子連れでぞろぞろ歩いているので
てっきり雄は子育てしないのかと思い込んでたのですが、
『ダーウィンが来た!』の特集では雄も必死で
子の見守りをしている様子を知って、すっかり愛着が湧いてきました。

昨晩 10時過ぎ位に飛行機が『ゴーッ』と音を立てて
家の上を飛んでいったのですが、その直後、
なんと森の方から『アッ、アッ!』の声が聞こえてきました。

こんな夜中、真っ暗な中でも縄張りを守っているのかと、
ちょっと胸熱くなりました。