親を待つ幼鳥さんたち

夕暮れ時、一息ついていると遠くから、
『チチチチ、、チチチチ、、』の声が聞こえてきました。

だんだん声が大きくなってきて、近づいて来るのがわかりました。
生い茂った木の中を目で探すと、、、

声の主はこの子でした!

茂みから現れたシジュウカラの幼鳥01

ここは5月にシジュウカラが巣立った巣箱のすぐ手前なのですが、
この子はまだかなり幼いので、また別の子なのだと思います。

茂みから現れたシジュウカラの幼鳥02

急におしりをこちらに向けて、鳴きはじめました。

茂みから現れたシジュウカラの幼鳥03

そこに突然親鳥が飛んできて、
エサをもらったようでした!

親鳥からエサをもらったシジュウカラ

親鳥の口にはもう何もないので、エサを放り込んでもらった直後の1枚です。
給餌の瞬間が撮れず、ちょっと残念です。

口に入りきらず、口元からひゅっと何かが飛び出ています。

口元からエサが飛び出しているシジュウカラ

なんとか納めると、少し下の方に移動。

下に移動したシジュウカラの幼鳥

奥にはもう1羽、待機していました。

もう一羽の幼鳥

2羽で一緒に、親鳥が来るのを待っているようです。

『お母さん、まだかな~』
時おり目を閉じたりしながら、ほとんど鳴かず、動かずにじっと待っていました。

じっと親鳥を待つ幼鳥