賑やかなエサ台

寒くなったせいか、
この頃のエサ台は賑やかです。
今日も色んな子がやってきました。

ナッツをいち早く見つけたのは、
シジュウカラ。

最初にやってきた、シジュウカラ

エサを足の間に挟んで、台のところで突いていました。

ナッツを突くシジュウカラ

同じタイミングでヤマガラもやってきて、
しばらくはカラ君達のなごみタイムになりました。

間もなくリス君が登場。

長居するリス君

残念ながら、カラ君達は退散です、、。

ヤマガラは、しばらく傍の木の枝にとまって、
『ニー、ニー!』と鳴いていました。

エサ台に入れないヤマガラ

『リス君、入れてよ~!』と言っている様でした。

毎度のことながら長居のリス君が居なくなると、
今度はキジがやって来ました。

エサ台の下のキジ01

いつ見ても、絵みたいにきれいな羽だな~、と、
見とれてしまいました。

エサ台の下のキジ02

そして、カワラヒワ。
この夏はあまり姿が見えませんでしたが、
最近はよくやって来ます。
今日は3羽一緒に、入っていました。

3羽のカワラヒワ

エサ台を始めたころに比べて、
だんだんと1日の消費量が増えてきました。

彼らは自然の生態系の中で生きているので、
あまりあげすぎもよくないかな?とは思うのですが、
やってくる個体数も増えてきているし、
この寒さの中頑張って生きているのだと思うと、悩ましいところです。