あれから1週間

無事に巣立っていったシジュウカラ。

ひょっこり姿を見せてくれることを期待して
ここ数日、なるべく外に居るようにしました。

親鳥の鳴き声に続いて時おり、葉が生い茂った木の中から
『ピピッ』『ピピピッ』と幼鳥らしき声がするのですが、
顔は見れていません。

こんなに茂っているので姿が見れないのは残念ですが、
身を守るという意味では、よい環境だと思います。
きっと無事に育ってくれるでしょう。

緑が茂った森

姿が見れればなお嬉しいですが、
『無事なのだから、何より』と思います。

ちなみに、巣箱を奪い合うシジュウカラとヤマガラを見て
この春急きょ設置したもうひとつの巣箱に、
この頃ヤマガラが出入りしていることに気付きました!

巣箱に入るヤマガラ

まだ出入りの頻度は少ないです。
やっと撮られてくれた一枚。おしりの画像ですみません、、。

春にシジュウカラと取り合っていた、あのヤマガラ夫婦でしょうか?
これからの梅雨時期は少し気温も低く、
ヒナのエサとなる虫を捕まえるのも大変そうですが
見守りたいと思います。