Tempera – テンペラ画

西洋絵画の伝統的な技法、テンペラ画。
油絵にはないマットな質感、年月を経ても退色が少ない事、克明な描写が可能であることが特徴です。
野鳥の繊細な表情を、1筆1筆細かな描写の蓄積で描きあげています。

しんしんと (スズメのテンペラ画)

しんしんと (スズメのテンペラ画)

しんしんと (スズメのテンペラ画)

しんしんと降りしきる中、
静かにじっとたたずむスズメ。
 
そのちいさな身体に宿る温もりを描いた作品です。
 
スズメの顔や羽の繊細な表情をとらえるために、
一筆一筆、テンペラ画(※1)で描いています。
 
細かく砕いた卵の殻の上から
白い顔料を粒子状に何層にも吹き重ね、
サラサラとした雪が降り積もっていく様子を表現しました。
      
銀世界の中にたたずむスズメの
小さな息づかいを感じて頂ける作品です。
 
お部屋に飾って楽しんで頂けるように、
オフホワイトの色調の木製額に収めました。

額には紐がついていますので、すぐに飾って頂けます。(※2)

☆素材、寸法☆

●素材・・・板に白亜エマルジョン、卵の殻、テンペラ
●作品寸法・・・横 27.2 cm x 高さ 22.2 cm
●木製額の素材、寸法・・・ピーチ材(アクリル板、紐付き)
              横 36.0 cm x 高さ 30.0 cm
●額装時の重量・・約 1kg 

※1 テンペラ画について
ヨーロッパ絵画の歴史上、油絵以前に用いられていた技法です。
板に石膏を塗布し研磨した上に、卵で溶いた顔料を用いて描画していきます。

油絵に比べて、大きな修正が難しく、入念な準備が必要ですが、
限りなく繊細な描画が出来ること、石膏を使った工芸的な細工が出来ることと、
石膏ならではのしっとりとした、マットな質感が特徴です。

また、卵が作り出す被膜は、油の被膜に比べて安定しているため
退色や劣化が少なく、いつまでも鮮やかな発色が続きます。

※2 飾り方について

フック、アクリル板について、下記に記載致します。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

フック:
設置には、壁面用のフックなど、重量 1kg に
耐えられるものをご使用ください。
耐荷重1kg程度のフックを2つ、左右2点にご使用頂くと、
1つのフックに掛かる重量が半分に分散されますので、より安定します。

アクリル板:
画面保護のために、無料でアクリル板をお付けすることも可能です。
(その場合には、稲穂の部分が盛り上がっておりますため、
画面の周りのマットを2重にする必要があります。
マット調整のために2日ほどお時間を頂きます。)

価格

42,000円 (税込,送料込)

オーダーは、こちらから

小さな営み (コゲラのテンペラ画)

コゲラのテンペラ画

葉の落ちた冬の森の中、『コツコツ、コツコツ』と音を響かせ、
懸命に木の幹を突くコゲラ。 

まだ寒い時から、新しい命を育むための準備である
巣作りが始まっています。

その真っすぐでひたむきな姿を描いた作品です。
 
コゲラの顔や羽の繊細な表情や
雑木林の木の幹や枝を、一筆一筆、
丹念に描き重ねて生まれたテンペラ画(※1)です。
 
手前の枝は、枝の脈に沿って何度も
樹脂を塗り重ねて描いています。

彼らが森の中で繋いできた命の営みが
これから先も絶えることなくずっと続きます様に、
という願いを込めて制作しました。
       
お部屋に飾って楽しんで頂けるように、
風合いの美しい木製額に収めています。
額には紐がついていますので、すぐに飾って頂けます。(※2)

☆素材、寸法☆

●素材・・・板に白亜エマルジョン、樹脂、テンペラ
●作品寸法・・・横 17.0 cm x 高さ 21.0 cm
●木製額の素材、寸法・・・天然木(アクリル板、紐付き)
             横 27.0 cm x 高さ 32.0 cm
●額装時の重量・・約 0.9kg 

※1 テンペラ画について
ヨーロッパ絵画の歴史上、油絵以前に用いられていた技法です。
板に石膏を塗布し研磨した上に、卵で溶いた顔料を用いて描画していきます。

油絵に比べて、大きな修正が難しく、入念な準備が必要ですが、
限りなく繊細な描画が出来ること、石膏を使った工芸的な細工が出来ることと、
石膏ならではのしっとりとした、マットな質感が特徴です。

また、卵が作り出す被膜は、油の被膜に比べて安定しているため
退色や劣化が少なく、いつまでも鮮やかな発色が続きます。

※2 飾り方について

フック、アクリル板について、下記に記載致します。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

フック:
設置には、壁面用のフックなど、重量 2.5kg に
耐えられるものをご使用ください。
耐荷重1kg程度のフックを2つ、左右2点にご使用頂くと、
1つのフックに掛かる重量が半分に分散されますので、より安定します。

アクリル板:
画面保護のために、無料でアクリル板をお付けします。
価格

100,000円 (税込,送料込)

オーダーは、こちらから

至福のひと時 (スズメのテンペラ画)

スズメのテンペラ画

至福のひと時

黄金色に輝く稲穂の中から
ひょっこり顔を出した、幸せいっぱいのスズメ。

その至福のひと時を描いた作品です。

スズメの顔や羽の繊細な表情をとらえるために、
一筆一筆、テンペラ画(※1)で描いています。

稲穂は一粒一粒、石膏でぷっくりと盛り上げ、
レリーフのような質感になっています。

夢のような時を過ごすスズメの
小さな息づかいを感しながら、
豊かな実りの季節の訪れを楽しんで頂ける作品です。

お部屋に飾って楽しんで頂けるように、
風合いの美しい木製額に収めました。

額には紐がついていますので、すぐに飾って頂けます。(※2)

☆素材、寸法☆

●素材・・・板に石膏、テンペラ
●作品寸法・・・横 27.2 cm x 高さ 22.2 cm
●木製額の素材、寸法・・・ピーチ材(アクリル板、紐付き)
横 48.2 cm x 高さ 39.0 cm
●額装時の重量・・約 2.5kg

※1 テンペラ画について
ヨーロッパ絵画の歴史上、油絵以前に用いられていた技法です。
板に石膏を塗布し研磨した上に、卵で溶いた顔料を用いて描画していきます。

油絵に比べて、大きな修正が難しく、入念な準備が必要ですが、
限りなく繊細な描画が出来ること、石膏を使った工芸的な細工が出来ることと、
石膏ならではのしっとりとした、マットな質感が特徴です。

また、卵が作り出す被膜は、油の被膜に比べて安定しているため
退色や劣化が少なく、いつまでも鮮やかな発色が続きます。

※2 飾り方について

フック、アクリル板について、下記に記載致します。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

フック:
設置には、壁面用のフックなど、重量 2.5kg に
耐えられるものをご使用ください。
耐荷重3kg程度のフックを2つ、左右2点にご使用頂くと、
1つのフックに掛かる重量が半分に分散されますので、より安定します。

アクリル板:
画面保護のために、無料でアクリル板をお付けすることも可能です。
(その場合には、稲穂の部分が盛り上がっておりますため、
画面の周りのマットを2重にする必要があります。
マット調整のために2日ほどお時間を頂きます。)

価格

45,000円 (税込,送料込)

オーダーは、こちらから

飛び立つ時 (スズメのテンペラ画)

飛び立つ時(スズメのテンペラ画)

飛び立つ時(スズメのテンペラ画)

まだ少し肌寒い、朝。

空に向かって羽ばたこうとしている1羽のスズメの 
凛とした佇まいを描いた作品です。
 
スズメの顔や羽の繊細な表情をとらえるために、
一筆一筆、テンペラ画(※1)で描いています。
       
都会のビルの片隅や、民家の瓦屋根など、
いつも人間の生活圏の傍らでたくましく生きるスズメの
小さな息づかいを感じて頂ける作品です。
 
お部屋に飾って楽しんで頂けるように、
風合いの美しい木製額に収めました。

額には紐がついていますので、すぐに飾って頂けます。(※2)

●素材・・・板に白亜、テンペラ
●作品寸法・・・横 22.0 cm x 高さ 17.5 cm
●木製額の素材、寸法・・・ピーチ材(アクリル板、紐付き)
              横 31.5 cm x 高さ 26.5 cm
●画面保護のためのアクリル板付属
●額装時の重量・・約 0.9kg 

※1テンペラ画について

ヨーロッパ絵画の歴史上、油絵以前に用いられていた技法です。
板に白亜や石膏を塗布し研磨した上から、
卵で溶いた顔料を用いて描画していきます。

卵が作り出す被膜は、油の被膜に比べて安定しているため
退色や劣化が少なく、いつまでも鮮やかな発色が続きます。

感覚的、直接的な表現に適している油絵に比べ、
テンペラによる細密な表現には入念な下準備が必要となりますが、
限りなく繊細に描き重ねていくことが出来るため、
鳥の持つ繊細な表情、羽毛の1本1本まで、克明に描写することが出来ます。

また白亜や石膏ならではのしっとりとした質感は、
ナチュラルな雰囲気のお部屋にはもちろん、
シンプルで明るい雰囲気の空間にもよく映えます。
 
※2 飾り方について

設置には、壁面用のフックなど、重量 0.9kg に
耐えられるものをご使用ください。
耐荷重1kg程度のフックを2つ、左右2点にご使用頂くと、
1つのフックに掛かる重量が半分に分散されますので、より安定します。

価格

40,000円 (税込,送料込)

オーダーは、こちらから